なぜLPデザインが商品&サービスを売るために大事なのか。

  

さて、本日は  
「なぜLPデザインが商品&サービスを売るために大事なのか。」  
というお題でいきたいと思います。  

といっても理論的にお話しする事はしません。  

何故かというと普通の人が  
サービスや商品を買う時に、  
そのLPやヘッダーの見た目に対して理論的に  

『ここの余白がピッタリあってるから』とか  
『Z目線でデザインしてあるから見やすいから』とか  
『文字が整列していて綺麗だからだから』  
よし、この商品&サービスを買おう!!  

などと考えないと思うからです。  

デザインをする側が見たらそんな風に考えたりするかもしれません。  

では、  
・オシャレだから良かった。  
・自分が好きな雰囲気のデザインだった。  
・なんとなくビビッときた。  
からでしょうか?  

おそらくほとんどがそうなのだと思います。  

言い換えると、  
まずは見た目からということです。  
バナーもなんとなくダサいなと思ったら  
そこからユーザーが勝手に  
「クリック先もこんな感じだろう」  
と思ってクリックしないと思います。  

逆に言うと、バナーが「おっよさそう!」  
と思ってクリックしたのに  
その先のLPが残念な見た目だったら、  
「あれ?なんか違うところに飛んじゃった?」  
なんて思うかもしれませんね。  

それだけでも  
「読まないで離脱」  
なんてことになりかねません。  

広告に費用をかけたのに  
すごくもったいないです。  

人もどんなに頭が良くて、  
技術があってすごい人でも、  
第一印象が髪がボサボサで不潔なイメージを持たれてしまったら、  
よっぽどその人を良く知るひと以外は  
「なんかちょっと嫌だな。」と  
疎遠になってしまうかもしれません。  

LPでいう第一印象は  
ファーストビュー(一番最初に目に入る部分)  
です。  

もちろん文章もすごーく大切ですが、  
もし反応がイマイチなLPがあったら  

ここの文章の感じがとか、  
ここの改行を変えようとか、
細かい所を気にする前に  
まず大事なファーストビューを見直すと  
反応が変わってくると思います。  

文章を読まれるにはまずそこをクリアしないと  
先に進んでもらえません。  

そしてファーストビューの下の全体のデザインも  
それに続く必要があります。  

よくテンプレートを使っているLPは  
ファーストビューが良くても、  
それ以降が急に寂しい感じになっているものを見かけます。(決してテンプレートを使うのがいけないという意味ではないです。)  

ファーストビューで目を惹いても  
スクロールしたら文字だけが  
ズラズラーっと書かれていたり、  
何をいってるのかよくわからなかったり…
例えば、  
子供の絵本って見やすくないですか?  

あれってやっぱり絵があることによって  
その場面が見えて話が入ってきやすいからだと思うんです。  

表紙と中の絵も一貫性がありますよね。  

むしろ表紙と中身の絵のテイストが  
違う絵本は見たことがありません。  

もちろんキャッチコピーも最重要です。  

デザインの見た目が人で言う顔なら、  
キャッチコピーはその人が発する言葉に値すると思います。  

見た目が綺麗でも、第一声が  
「どーも、よろしくっす!!☆」  
みたいな感じだとビックリしますよね。  

キャッチコピーについてははまた違うときに触れたいと思います 

結局何が言いたいのかと言うと、  
狙いたいターゲットに対して  

・わかりやすく  
・商品やサービスを想像できる  
・内容が入ってくる  

デザインが大事だということです。  

文章が下手で申し訳ないですが、  
デザインの見た目が購入意欲を左右させるんだなと  
少しでも伝わったのなら幸いです。  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です