イラストレーターでRGBからCMYK に変換する方法と注意点

イラストレーターで印刷物のデザインをしていざ保存しようとしたらRGBで作成してた!なんてことありませんか?
そんな時は簡単にRGBからCMYKに変換できるんです。

例えばこの画像(RGBモード)↓

画像
画像

ファイル→ドキュメントのカラーモード→CMYKで簡単に変更できます!ただし…

色がくすんじゃった!なんでー!?

画像

実はこれCMYKがRGBに比べて表現できる色の幅が違うからなのです。

RGBは光の三原色で主にパソコンやテレビのディスプレイに使われる表現方法で、重ねれば重ねるほど色が明るくなっていきます。
CMYKは色の三原色で印刷物に使われる表現方法で、重ねれば重ねるほど色が暗くなっていきます。

画像


蛍光色は特にRGBからCMYKに変換すると色がくすみやすいです。そんなに変化がない色もありますがいろんな色を使った印刷物ですと「思ったのと仕上がりが違う!」となりかねないのでカラーモードは最初に確認するようにしましょう!

画像
カラーモードはタイトルウインドウで確認できます。

あとはRGBからCMYKに変換後、またRGBに戻しても色味は戻らないので再度RBGに戻す予定がある場合は元データを別にとっておきましょう!保存大事です!(←しないで泣いた過去あり(^^;))

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です